お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】女性の不妊症の原因になる可能性がある性感染症(STD)はどれか。2つ選べ。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【入職後がイメージできる!】国試後~入職までに読みたい連載
スーパープリセプターSAKURA

【母性】女性の不妊症の原因になる可能性がある性感染症(STD)はどれか。2つ選べ。

1.梅毒

2.淋菌感染症

3.性器ヘルペス

4.尖圭コンジローマ

5.性器クラミジア感染症

―――以下解答―――









(解答)2,5

<解説>

1.(×)梅毒は不妊の原因にはならない。

2.(○)淋菌が腹腔内に感染すると、子宮付属器や骨盤腹膜に炎症を起こし、卵管機能障害や通過障害を招き、不妊症の原因となる。

3.(×)性器ヘルペスは不妊症の原因にはならない。

4.(×)尖圭コンジローマは、不妊の原因にはならない。

5.(○)クラミジアは子宮や卵管・その周辺を癒着させ、卵管狭窄や閉塞を引き起こし、不妊症の原因となる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策