お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】Aちゃんは、在胎32週、体重1,800gで出生した。Apgar(アプガー)スコアは1分後8点、5分後9点であった。出生後30分、体温36.7℃、心拍数150/分、呼吸数70/分である。保育器に収容されている。出生から24時間の看護として適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】Aちゃんは、在胎32週、体重1,800gで出生した。Apgar(アプガー)スコアは1分後8点、5分後9点であった。出生後30分、体温36.7℃、心拍数150/分、呼吸数70/分である。保育器に収容されている。出生から24時間の看護として適切なのはどれか。

1.衣類を着せて保温する。

2.面会時に母親に抱っこを促す。

3.心拍・呼吸を持続モニタリングする。

4.出生6時間後から経口栄養を開始する。
―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)保育器の環境調整によって保温する。

2.(×)バイタルサインが落ち着いてから母親に抱っこを促すようにする。

3.(○)在胎週数が少ないため、呼吸状態をはじめとするモニタリングが重要である。

4.(×)経口摂取は可能な限り早期に開始する。 

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ