お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【母性】初産婦のAさんは、昨日、妊娠38週3日で2,900gの児を出産した。本日は母子同室で過ごしている。Aさんは「母乳で...

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【母性】初産婦のAさんは、昨日、妊娠38週3日で2,900gの児を出産した。本日は母子同室で過ごしている。Aさんは「母乳で頑張りたいけれど赤ちゃんがうまく吸ってくれない」と言う。乳頭は正常で、乳管開口は左右ともに2本である。Aさんへの援助で適切なのはどれか。

1.搾乳を勧める。

2.母子異室にする。

3.抱き方を指導する。

4.人工栄養を勧める。

―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)安易に搾乳せず、まず児に吸わせる努力が必要である。

2.(×)母児同室にし、児の欲求に応じて授乳しているうちに、母乳育児が確立していく。

3.(○)乳房の形状に応じて抱き方を工夫することで、児が吸いやすくなる。

4.(×)安易に人工栄養へ移行しない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策