お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2010年度(第99回)看護師国家試験 過去問題 午後119

Kango

【精神】37歳の女性。夫との2人暮らし。3年前の結婚を機に勤めていた会社を退職した。結婚当初から、夫の帰りが遅いことに寂しさを強く感じていた。寝つきが悪くなり、当初は350mlのビールを飲むことでよく眠れていたが、2年前からは1日平均720ml以上の焼酎を飲むようになった。半年前からは昼間でも飲酒をするようになり、飲み過ぎて記憶がなくなることもしばしばあった。10日前から食欲不振と全身倦怠感とが著しくなり、3日前から食事やアルコールの摂取ができなくなった。入院10日、気分不快の訴えは消失し、病棟内でも落ち着いて過ごせている。入院時に認められた脱水や肝機能障害もほぼ改善した。看護師が声をかけたところ、「今まで黙っていましたが、かなり前からあまり眠れていないのです」と相談があった。

対応で最も適切なのはどれか。

1.「体に問題はないから大丈夫ですよ」

2.「寝る前に温かいものを飲めば眠れますよ」

3.「主治医に、お薬の相談をしてみましょう」

4.「朝早く起きるようにしなければいけませんね」















―――以下解答―――

(解答)3

<解説>

1.(×)アルコールが眠剤のかわりになっていた可能性もあり、早期に対応するのが適切である。

2.(×)温かいものはアルコールにも当てはまり、この場合は不適切である。

3.(○)入眠困難でアルコールを使用していた可能性があり、それにかわる眠剤を検討していくことは適切である。

4.(×)眠れないと訴えているので、この対応は不適切である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策