お気に入りに登録

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

【呼吸困難の看護】心不全か呼吸不全なのか見極めるための6ステップ!

解説 山形 泰士

榊原記念病院 集中ケア認定看護師 3学会合同呼吸療法認定士

A98b1120712ae2558c294773114e59b35

心不全でも呼吸不全でも現れる「息苦しい(=呼吸困難感)」という訴え。心不全か呼吸不全なのか見極めるための4ステップを紹介します。
*2017年2月16日 改訂


関連記事
5ステップで考えよう! 【造影検査後の呼吸困難感】
【急変対応】第21回 CT造影検査をしたら呼吸困難感を訴えた
覚えておきたい酸素療法のキホン

息苦しさ=呼吸困難感は、呼吸不全や心不全のどちらでも出現する症状

呼吸困難感がある患者さんは「息苦しい」「息がしにくい」「息が切れる」などと訴えることが多いでしょう。訴えがない場合、あるいは訴えられない場合も、安静にしている状態で「はぁはぁという荒い呼吸音が聴こえる」「肩で息をしている」などがみられたら、呼吸困難の状態であることがわかります。いつもより苦しそうな表情・つらい表情などを見分けて、痛いのか・苦しいのか、どのようにすれば楽になるかなどを尋ね、意思疎通を心がけます。

呼吸不全はもちろん心不全の場合にもみられる症状で、酸素が足りないことを示しています。その原因としては、酸素が十分に取り込めていない、ガス交換がうまくいかない、酸素をうまく運べていないなどが考えられます。
それらをもたらしているのが、心不全か、呼吸不全か、あるいはその他の疾患かで、現れ方や随伴症状に違いがあるので、それぞれの特徴を踏まえてアセスメントするようにします。

臨床ではステップを踏んでアセスメントしよう

呼吸困難感が何からくるものなのかをアセスメントするには、患者さんの状態を的確に把握することが重要です。そのためには、段階的にみていくことが必要になります。

ステップ1 既往歴を確認する

まずは、既往歴を確認します。現疾患だけでなく、これまでどのような疾患を発症したかもみるようにします。心臓疾患の術後、心筋梗塞や狭心症のほか、心不全の既往歴がある場合は、直ちに心不全を疑います。一方、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や気管支喘息の患者さんであれば、呼吸不全を疑います。

ステップ2 問診を行う

発症の時期と経過、発症のきっかけ、症状と程度などを確認しながら、息苦しさの原因を推察します。

発症の時期と経過

■こんなふうに質問しよう
「いつから息苦しくなりましたか」「突然(徐々に)息苦しくなりましたか」

・突然苦しくなった
→気胸、肺血栓塞栓症・肺梗塞、誤嚥、窒息、心筋梗塞などが考えられます。

>> 続きを読む
ページトップへ