お気に入りに登録

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

呼吸困難感を訴える患者さんへの問診のしかた

解説 山形 泰士

榊原記念病院 集中ケア認定看護師 3学会合同呼吸療法認定士

息苦しさの原因が、心不全によるものか、呼吸不全によるものかをアセスメントするための、問診のしかたについて解説します。


発症時期と経過を問診する場合

【こんなふうに質問しよう!】

  1. いつから息苦しくなりましたか
  2. 突然or徐々に息苦しくなりましたか

【こんな返答があったら、この疾患を疑おう!】

  1. 突然、息苦しくなった・・・気胸・肺血栓塞栓症・肺梗塞・誤嚥・窒息・心筋梗塞
  2. 急に、息苦しさが増した・・・喘息発作・慢性閉塞性肺疾患の急性増悪(胸痛を伴う場合は心筋梗塞・気胸)
  3. 徐々に、息苦しくなった・・・慢性心不全・肺炎・貧血
  4. 夜間に、息苦しくなる・・・心不全(急性左心不全)

慢性閉塞性肺疾患、喘息は早朝にことが多く、心不全の場合は、就寝後1~3時間後に呼吸苦を訴えることが多いようです。

持続時間と発症のきっかけを問診する場合

>> 続きを読む
ページトップへ