お気に入りに登録

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

心不全の病態生理|急性・慢性心不全の病態を理解しよう!

解説 小田 真澄

榊原記念病院 慢性心不全看護認定看護師

心不全は、悪化すると死に至ることもあります。そのため、病態のしくみを理解した上で、看護を行う必要があります。
そこで、今回は心不全の病態生理ついて解説します。


【目次】

心不全とは

心不全は「心臓の器質的、機能的障害により心臓のポンプ機能の代償機転が破綻し、心拍出量低下、末梢循環不全、肺・体静脈系のうっ血をきたし、日常生活に障害を生じた病態」です。

つまり、体内の血液循環が障害され、全身の器官に十分な酸素が行き渡らない状態。

増悪を繰り返すと心筋障害が起こり、心筋の状態は不可逆に悪化していきます。

イメージイラスト

症状の特徴

発症直後は、易疲労感、脱力感を示すことがあります。

やがて、呼吸困難や咳嗽、四肢の浮腫など多様な症状をきたし、日常生活に大きな支障をもたらします。

【関連記事】
心不全患者さんの浮腫をアセスメント
心不全による消化器症状(嘔吐、便秘など)とは?

主な原因

心筋症、弁膜症、虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)、先天性心疾患といった心疾患のほか、高血圧、甲状腺疾患などが原因となります。

【関連記事】
心筋炎・心内膜炎の原因と症状
狭心症の種類・症状と診断と治療
弁膜症の原因と症状
冬に増加する心筋梗塞と看護ケアのポイント

心不全の分類

心不全の分類

心不全の分類

進展速度(時間)による分類

急性心不全とは

心臓での器質的・機能的異常によって、心臓のポンプ機能が破綻し、自己の代償機転では血液循環を保てなくなった状態にあり、その症状や徴候が急激に出現する病態を急性心不全といいます。

軽症のものから、死に至るものまで、症状や徴候の発現は多様です。

急性心不全の症状

  1. 呼吸困難感
  2. 食欲不振
  3. 意識障害
  4. 心停止
  5. 心原性ショック

などがあります。

原因となる疾患

慢性心不全の急性増悪、急性冠症候群(心筋梗塞・狭心症)、不整脈などの心疾患です。

また術後や外傷患者さんの場合、大量輸液によって容量負荷が増加し、健康な心臓であったとしても心不全症状になることがあります。

他にも、外傷による心挫傷、解離性大動脈瘤、重症大動脈狭窄症、肺血栓塞栓症などが原因になります。

リスクファクターとしては、高血圧、糖尿病などがあげられます。

急性心不全の主な原因

急性心不全の主な原因

>> 続きを読む
ページトップへ