お気に入りに登録

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

うっ血性心不全とは? 発症の流れと症状

解説 小田 真澄

榊原記念病院 慢性心不全看護認定看護師

A98b1120712ae2558c294773114e59b35

心不全には4つの分類があります。今回はその中のひとつ、「うっ血性心不全」について解説します。


うっ血性心不全

血行動態異常によるうっ血を原因とする心不全をうっ血性心不全といいます。

うっ血性心不全には

  1. 左心不全
  2. 右心不全

があります。

左心不全と右心不全の発症の流れ

左心不全と右心不全の発症の流れは、下図のようになります。

左心不全と右心不全の発生の流れ

症状

左心不全

労作時呼吸困難、血性泡末痰、湿性ラ音などがあり、主に肺水腫からきます。

また心拍出量低下により、血圧低下、頻脈、チアノーゼなどが出現し、さらに主要臓器への血液供給不足により、全身倦怠感、四肢冷感なども現れます。

右心不全

頚動脈怒張、下肢浮腫、腹水、肝腫大、腸管浮腫などが現れます。

(『ナース専科マガジン』2014年11月号から改変利用)