お気に入りに登録

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

高血圧が心不全のリスクファクターになる理由

解説 小田 真澄

榊原記念病院 慢性心不全看護認定看護師

高血圧が心不全のリスクファクターになる理由について解説します。


血圧とは

血圧とは、「血流が血管壁に与える圧力」で、以下の2種類があります。

  1. 心臓が収縮するときの圧(収縮期血圧)
  2. 心臓が拡張するときの圧(拡張期血圧)

収縮期血圧

収縮期血圧は、動脈に血液を送り出すために血管壁にかかる圧で、 身体全体の血流、脳への血流を保つために必要です。

拡張期血圧

拡張期血圧は、心臓に血液が戻り、動脈内の血流が減少するときの圧で、 冠動脈の血流を保つために必要です。

高血圧が心不全のリスクファクターになる理由

血圧は心拍出量×末梢血管抵抗によって求められます。

したがって、心拍出量と末梢血管抵抗が大きくなれば、血圧は高くなります。

例えば、運動をした場合には、拍動回数を増やすことで拍出量を増加させ、必要な血液量を確保します。

同時に、筋肉に必要な血液を送るために、細動脈を収縮させます。そのため、末梢血管抵抗が上昇し血圧が高くなります。

以上のことから、血圧が高いと、常に心臓に大きな負荷がかかることになり、心不全のリスクが高まってしまいます。

(『ナース専科マガジン』2014年11月号から改変利用)

ページトップへ