お気に入りに登録

【連載】急変対応マニュアル

急変対応時の人員確保と役割分担

解説 浅香 えみ子

獨協医科大学越谷病院 救命救急センター 看護副部長 救急看護認定看護師

解説 石井 恵利佳

獨協医科大学越谷病院 救命救急センター 看護主任 救急看護認定看護師

Ppetqt59fqsiscs51377645035kyuhentaio manualicon11

急変の徴候をキャッチできたら、それを誰かにつなげなければなりません。事実を迅速かつ正確に伝えるにはいくつかのコツがあります。誰に何を伝えるか、ここでは院内リリースのつなぎ方を解説します。


急変現場での看護師の役割

患者さんの急変を発見したら、いかに迅速にBLSあるいはACLSにつなげるかが重要です。とにかく救命処置のための人員を集めます。これは、院外で人が倒れた場合に救急車を呼び、病院へと搬送するのと同じことです。

急変時の看護師の役割には、心肺蘇生にかかわる処置や記録、家族への対応などが挙げられます。救命処置にかかわる人員は、実は多すぎても支障を来すことがあります。必要な人員が適切に役割を遂行してこそ、迅速な救命処置が可能となるのです。

ベッド周辺には4~6人の人員を配置

心停止の場合を考慮すると、必要な人員は、気道確保、胸骨圧迫、ルート確保、記録にそれぞれ1人と考えて、最少で4人が必要です。

>> 続きを読む