お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【精神】医療者に対して強い怒りを頻回にぶつける患者に対して、医療者が感じることのあるのはどれか。

Kango

【精神】医療者に対して強い怒りを頻回にぶつける患者に対して、医療者が感じることのあるのはどれか。

1.退行

2.陰性感情

3.合理化

4.反動形成















―――以下解答―――

(解答)2

<解説>

1.(×)退行とは、防衛機制の一つで、すでに発達した精神状態がそれ以前の幼い段階に逆戻りすることをいう。

2.(○)陰性感情とは、嫌悪・怒り・憎しみ・不信感など否定的な感情を抱くことである。強い怒りをぶつけられると医療者であっても陰性感情を抱くことがある。

3.(×)合理化とは防衛機制の一つで、欲求不満を解消するために、最もらしい理由や理屈をこじつけることをいう。

4.(×)反動形成とは防衛機制の一つで、自分にとって受け入れられない衝動を隠すために、衝動とは正反対の行動をとることである。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策