お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【精神】35歳の男性。浪費と近所の人に対する暴力のため入院した。20歳代から精神科外来に通院し、気分安定(感情調整)薬が処方されているが、服薬を中断して入退院を繰り返している。...

Kango

【精神】35歳の男性。浪費と近所の人に対する暴力のため入院した。20歳代から精神科外来に通院し、気分安定(感情調整)薬が処方されているが、服薬を中断して入退院を繰り返している。入院には同意しているが、看護師に対して大声を出して威嚇し、足で蹴ろうとする。食事と水分はこの5日間ほとんど摂っていない。

この時点の患者のアセスメントで正しいのはどれか。

1.躁状態

2.かん黙状態

3.せん妄状態

4.幻覚妄想状態















―――以下解答―――

(解答)1

<解説>

1.(○)躁状態では、気分の高揚、興奮などが起こり、多弁・多動の状態が起こる。興奮により自己コントロールがきかないなどの特徴がある。

2.(×)かん黙状態とは、発声機能に障害がなく、失語症もないのに喋らない状態である。

3.(×)せん妄とは軽度~中等度の意識混濁に幻覚が加わり、不安や興奮を伴っている状態である。

4.(×)幻覚妄想状態とは、幻聴や幻視とともに被害妄想などの思考の障害を体験している状態である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策