お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2008年度(第97回)看護師国家試験 過去問題 午後88

Kango

【精神】52歳の男性。会社員。9年前にアルコール依存症のために入院し、3か月のアルコール依存症リハビリテーションプログラムを受け退院した。退院後は自助グループに参加しながら順調に断酒を続けていたが、最近の半年間は参加していなかった。5日前から連続飲酒を始め、やめることができずに家族に付き添われて精神科病院を受診した。患者は、医師の説得に応じて2度目の入院をした。

入院形態はどれか。

1.措置入院

2.応急入院

3.医療保護入院

4.任意入院















―――以下解答―――

(解答)4

<解説>

1.(×)措置入院とは、精神障害のために自傷他害の恐れのある患者に対して、精神保健指定医2名の診察の結果、入院させるのが妥当であるとした場合、都道府県知事の権限で強制入院させることである。

2.(×)急を要する場合の入院方法で、72時間に限り入院させることができる。その間に入院形態などを決定する。

3.(×)医療保護入院とは精神障害者自身は入院に同意していないが、保護者の同意による入院のことをいう。

4.(○)任意入院とは、精神障害者本人の意思に基づいて行われるものをいう。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策