お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【精神】29歳の男性。会社員。自宅で両親と同居。家族関係は良い。3か月前に業務が変わり、残業が増えた。3日後「症状がよくならない、どうしたらよいかわからない。考えると息が苦しくなって座り込んでしまう」と訴えて再受診し、精神科病院の開放病棟に任意入院した。内視鏡検査の結果、十二指腸潰瘍と診断された。...

Kango

【精神】29歳の男性。会社員。自宅で両親と同居。家族関係は良い。3か月前に業務が変わり、残業が増えた。1か月前から「仕事がつらい」と言うようになった。その頃から、胃部不快、食欲不振、全身倦怠感、不眠が出現した。内科を受診したところ、精神科の受診も勧められた。精神科では抗不安薬と睡眠薬とが処方された。内科で上部消化管内視鏡検査の予約をして帰宅したが、3日後「症状がよくならない、どうしたらよいかわからない。考えると息が苦しくなって座り込んでしまう」と訴えて再受診し、精神科病院の開放病棟に任意入院した。内視鏡検査の結果、十二指腸潰瘍と診断された。

患者の状態はどれか。

1.心身症

2.常動症

3.摂食障害

4.行為障害















―――以下解答―――

(解答)1

<解説>

1.(○)心身症とは、身体疾患の発症や経過に心理社会的な要因が密接に関与している疾患のことをさす。

2.(×)常動症という用語は一般的には存在しない。

3.(×)摂食障害は、食に関する障害で、神経性食思不振症が代表疾患である。

4.(×)行為障害は、人や動物に対する攻撃性、所有物の破損、嘘をつくことや窃盗、重大な規則違反を起こすなどの行動上の障害である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策