お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2007年度(第96回)看護師国家試験 過去問題 午後86

Kango

【精神】Aさん、46歳の男性。体型はやせ型。会社員で営業部門の担当である。最近になり帰宅後も仕事関係のメールのやりとりに追われ、深夜まで仕事をする日々が続いた。「体の疲れがとれず、寝つきが悪く、やっと眠っても2時間程度で眼が覚めてしまう。眠らなくてはと思うが、起き上がってパソコンに向かってしまう。食事をしても味がせず、頑張って仕事をしても自分の存在が全く意味がないように感じる」と話す。体重が1か月で3kg減少したため、心配した妻に伴われ受診した。Aさんは選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が処方された。妻は「このお薬は、ふつうはどれ位効くのでしょうか」と看護師に質問した。

妻への説明で適切なのはどれか。

1.「3~6時間で効果が現れます」

2.「12~24時間で効果が現れます」

3.「1~2週間で効果が現れます」

4.「1~2か月で効果が現れます」















―――以下解答―――

(解答)3

<解説>

SSRIの効果はおよそ1~22週間目を目標として漸増する。1~2週間目にある程度改善がみられれば「効果あり」と考え投与を継続する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ