お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【精神】Aさん(16歳、女子)は、両親と弟と4人で暮らしている。入院後7日、Aさんは「太るのが怖くて、また吐いてしまった」と暗い表情で看護師に話した。...

Kango

【精神】Aさん(16歳、女子)は、両親と弟と4人で暮らしている。中学生の頃からモデルにあこがれてダイエットを始めた。高校に入ってからは、太ることへの恐怖から食べた後に吐いたり、緩下薬を服用することも多くなった。次第にやせが顕著になり、無月経となった。Aさんの状態を心配した母親に伴われ、心療内科を受診し、医師から入院治療を勧められ、Aさんは入院した。入院時、Aさんの身長は162cm、体重は36kg、体温35.0℃。血圧90/60mmHg。脈拍56/分、不整。入院後、服薬が開始された。体重と摂取エネルギーについては目標値を設定し、体重増加に応じて活動範囲を拡大していくことになった。医師からAさんに治療方針が説明され、行動範囲は病室内とし、食後1時間はベッド上で安静を保つよう伝えられた。入院後7日、Aさんは「太るのが怖くて、また吐いてしまった」と暗い表情で看護師に話した。

看護師の対応で最も適切なのはどれか。

1.あまり気にしないよう伝える。

2.本人に目標体重を再度確認する。

3.吐いた分を間食で補うよう提案する。

4.自分から嘔吐について話した事を肯定的に評価する。















―――以下解答―――

(解答)4

<解説>

1.(×)Aさんの気持ちを受け流す対応である。

2.(×)「太るのが怖い」という気持ちに沿った対応ではない。

3.(×)自分の意志で吐いているため、副食で補ったとしてもまた吐いてしまう。

4.(○)嘔吐という自分の問題に気付いて話すことは、自分を客観視できていることを示しており、問題解決の糸口になる。 

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ