お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【精神】Aさん(16歳、女子)は、両親と弟と4人で暮らしている。中学生の頃からモデルにあこがれてダイエットを始めた。高校に入ってからは、太ることへの恐怖から食べた後に吐いたり、...

Kango

【精神】Aさん(16歳、女子)は、両親と弟と4人で暮らしている。中学生の頃からモデルにあこがれてダイエットを始めた。高校に入ってからは、太ることへの恐怖から食べた後に吐いたり、緩下薬を服用することも多くなった。次第にやせが顕著になり、無月経となった。Aさんの状態を心配した母親に伴われ、心療内科を受診し、医師から入院治療を勧められ、Aさんは入院した。入院時、Aさんの身長は162cm、体重は36kg、体温35.0℃。血圧90/60mmHg。脈拍56/分、不整。

血液検査で最も注意すべきデータはどれか。

1.尿酸

2.血清カリウム

3.中性脂肪

4.HbA1c















―――以下解答―――

(解答)2

<解説>

1.(×)尿酸値は低下するが、最も注意すべきデータではない。

2.(○)緩下剤の乱用や食物摂取の不足から低カリウム血症に陥りやすい。すでに不整脈もあるため、突然死する危険がある。

3.(×)中性脂肪は低下するが、最も注意すべきデータではない。

4.(×)HbA1Cよりも血糖値が重要である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ