お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【精神】Aさん(52歳、男性)は、妻と会社員の娘と3人で暮らしている。Aさんは黄疸がみられるようになったことをきっかけに、アルコール依存症の治療を受けることになった。妻は、これまで1日中酒ばかり飲んでいたAさんに対する強い不満を看護師に話した。...

Kango

【精神】Aさん(52歳、男性)は、妻と会社員の娘と3人で暮らしている。Aさんは2年前に職場を解雇され、再就職先を探している。以前から飲酒する機会は多かったが、解雇後は朝から酒を飲み続け、妻が止めるように言っても聞き入れなかった。Aさんは、3か月前に自宅近くの診療所でアルコール性肝硬変と診断され、断酒を勧められたが実行できずにいた。Aさんは、妻に伴われて専門医療機関を受診し、アルコール依存症と診断された。Aさんは、自分がアルコール依存症であることを認めず「酒を減らせば問題ない」と言って説明を聞こうとしない。Aさんは黄疸がみられるようになったことをきっかけに、アルコール依存症の治療を受けることになった。妻は、これまで1日中酒ばかり飲んでいたAさんに対する強い不満を看護師に話した。

看護師から妻への助言で最も適切なのはどれか。

1.家にある酒類はすべて捨てるように話す。

2.Aさんの代わりに家計を支えるように話す。

3.Aさんに飲酒の害を再度伝えることを提案する。

4.家族のためのセルフヘルプグループへの参加を勧める。















―――以下解答―――

(解答)4

<解説>

1.(×)酒類をすべて捨てても問題は解決しない。

2.(×)Aさんをフォローしすぎると、Aさん自身が自分の問題に気付きにくくなってしまう。

3.(×)飲酒の害を伝えても、Aさんには「否認」の防衛機制が働き、聴く耳を持たないと考えられる。

4.(○)家族のためのセルフヘルプグループへの参加を勧める。 

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策