お気に入りに登録

【連載】輸液ケアを極める!

【腎不全】輸液ケアの3つの見極めポイント

解説 岡元 和文

信州大学医学部救急集中治療医学講座 教授 信州大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長

腎不全の輸液ケアについて、3つの見極めポイントを紹介します。

腎機能を知るための5つのポイント

ポイント1 腎機能を評価する

▷BUN、Cr、糸球体ろ過量で、腎臓の機能をみる

血中尿素窒素や血中・尿中のクレアチニンなどの検査を行うとともに、尿量を測定し、糸球体ろ過量を計算することで腎機能を判断します。

【関連記事】
* 腎機能とは?BUN・クレアチニンの関係
* 糸球体濾過量(GFR)で腎機能を評価する!
* クレアチニン値が正常なら、腎機能も正常?

ポイント2 血液データをチェックする

▷電解質K、Na、CaとpHをみる

血清電解質は、主にカリウム、ナトリウム、カルシウムを調べます。
血清カリウムは疾患の緊急度を判断する上で重要です。
血清カリウムの基準値は4mEq/L前後(3.7~5.0)で、5.5mEq/Lを超えると高カリウム血症といいます。
7mEq/Lを超えている場合は重篤で、人工透析が必要になることがあります。
血液ガスデータでアシドーシスに傾いていないか、低酸素血症をきたしていないかも確認します。

【関連記事】
* 低カリウム血症・高カリウム血症|原因・症状・治療ポイント
* アシドーシス・アルカローシス
* 低酸素血症の4つの原因と症状

ポイント3 心電図をチェックする

▷高K血症の徴候の有無

血清カリウムが6mEq/L以上の高値になると、心電図に特有の変化が現れます。

T波がテントのように尖った形になる「テント状T」や、QRSの幅が広がる「ワイドQRS」、P波の消失などがみられるようになり、さらに進行すると心室細動へと移行します。

ポイント4 浮腫の程度をみる

▷全身、肺の複雑音の聴取、胸部X線をチェック

全身の皮膚を観察し、可能であれば体重を測定して、浮腫の状態やその変化を把握します。
また肺の音と胸部エックス線によって、肺水腫の状態を確認します。

ポイント5 尿量を確認する

▷正確に尿量を測定する

輸液量は尿量に合わせて調整するので、正確な尿量測定が求められます。

利尿期に入り、大量の尿が排泄されるようになったときは、輸液量が不足すると循環血液量の急激な低下を招き、また腎不全を引き起こしてしまうため、尿量は時間ごとに確認します。

【関連記事】
* 1日当たりの最低必要尿量の基準ってどのくらい?

続いて「輸液ケアの3つの見極めポイント」について解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ