お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【統合】外国人の女性が38.5℃の発熱のある生後3か月の男児を連れて小児科診療所を受診した。男児は上気道炎であった。...

Kango

【統合】外国人の女性が38.5℃の発熱のある生後3か月の男児を連れて小児科診療所を受診した。男児は上気道炎であった。女性は日本語が十分に話せず、持参した母子健康手帳から男児はこの女性と日本人男性との間に生まれた子どもであることが分かった。夫は同居していない様子である。外来看護師は女性に、4か月児健康診査の事を知っているかを尋ねたが女性は看護師の質問を理解できない様子であった。

男児が4か月児健康診査を受診するために必要な社会資源で優先度が高いのはどれか。

1.近所の病院

2.通訳のボランティア

3.児童相談所の児童福祉司

4.地区担当の母子健康推進員















―――以下解答―――

(解答)2

<解説>

2.(○)まずは母親とのコミュニケーションが図られなければならない。その上で、母親の対応能力をアセスメントし、次に必要な援助を考える。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策