お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2014年度(第103回)看護師国家試験 過去問題 午後119

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【統合】午前6時30分、A県立病院の看護師は勤務中に突然、立っていられないほどの大きな揺れを感じた。病院の電源は自家発電に切り替わりA県北部を震源とするマグニチュード7の地震が発生したと院内放送があった。多くの疾病者が病院に運ばれてきた。医師の指示により看護師がトリアージを行った。

誤っているのはどれか。

1.歩行できているか確認する

2.呼吸をしているか確認する

3.血圧を測定する

4.従命反応を見る















―――以下解答―――

(解答)3

<解説>

1.(○)トリアージは、歩行可能かどうか、呼吸数は、意識はあるかの3段階で判定する。

2.(○)トリアージは、歩行可能かどうか、呼吸数は、意識はあるかの3段階で判定する。

3.(×)血圧は判定に用いられない。

4.(○)トリアージは、歩行可能かどうか、呼吸数は、意識はあるかの3段階で判定する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策