看護師の仕事に役立つ情報、技術が学べるサイト -スキルアップに役立つ情報をお届けします-

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

Killip(キリップ)分類とは?

解説 小田 真澄

榊原記念病院 慢性心不全看護認定看護師

A98b1120712ae2558c294773114e59b352

Killip(キリップ)分類について解説します。

Killip(キリップ)分類とは

急性心筋梗塞における心機能障害の重症度分類をKillip(キリップ)分類といいます。

クラスⅠ~Ⅳに分類されます。(図)

killip(キリップ)分類表

クラスⅠ

心不全の徴候なし

クラスⅡ

軽度~中等度心不全、ラ音聴取領域が全肺野の50%未満

クラスⅢ

重症心不全、肺水腫、ラ音聴取領域が全肺野の50%以上

クラスⅣ

心原性ショック、血圧90mmHg未満、尿量減少、チアノーゼ、冷たく湿った皮膚、意識障害を伴う

(『ナース専科マガジン』2014年11月号から改変利用)

関連記事
心筋梗塞の4段階の波形の変化とは?
慢性心不全の病態生理を理解しよう!
心臓の代償機転って何?