お気に入りに登録

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

呼吸不全とは? 定義と2つの分類

解説 松本 幸枝

榊原記念病院 急性・重症患者看護専門看護師 救急看護認定看護師

A98b1120712ae2558c294773114e59b352

呼吸不全についてカンタンに解説します。


【目次】


呼吸不全とは

外呼吸の主要器官である肺や呼吸中枢など、呼吸に影響を与える器官に何らかの障害が生じると、血液中の酸素が不足して、機能不全を呈します。その状態が呼吸不全です。厚生省(現・厚生労働省)特定疾患「呼吸不全」調査研究班では、「呼吸機能障害のため動脈血ガスが異常値を示し、そのために正常な機能を営みえない状態」と定義され、室内空気呼吸時(安静・覚醒時)の動脈血酸素分圧(PaO2)が60Torr以下で呼吸不全と診断されます。

呼吸不全の分類

呼吸不全の分類では、動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)の数値による分け方と、発症経過による分け方について確認しておきます。

Ⅰ型呼吸不全とⅡ型呼吸不全

呼吸不全は、PaCO2の数値により、「Ⅰ型呼吸不全」と「Ⅱ型呼吸不全」に分類されます。PaCO2が45Torr以下をⅠ型呼吸不全、PaCO2が45Torrを超える場合をⅡ型呼吸不全と定義します。

PaCO2値は、肺の換気能力とCO2を排出する能力を示す指標であり、高値ではCO2が溜まった低換気の状態、低値では過換気の状態ということがわかります。Ⅰ型かⅡ型かを見極めることは、呼吸不全をケアする上で重要です。

呼吸不全:動脈血酸素分圧(PaO2)60Torr以下

Ⅰ型呼吸不全 PaCO2 ≦ 45Torr以下 肺炎などの急性呼吸不全に多い
Ⅱ型呼吸不全 PaCO2 > 45Torr以上 慢性呼吸不全やその急性増悪、神経筋疾患の呼吸不全など

急性呼吸不全と慢性呼吸不全

発症経過による分類として「急性呼吸不全」と「慢性呼吸不全」があります。

●急性呼吸不全

呼吸不全の状態が通常、突然にまたは1週間以内に起こった場合を急性呼吸不全と呼びます。また、急性呼吸不全ではⅠ型呼吸不全を呈することがほとんどです。

急性呼吸不全の原因は、呼吸器疾患に限らず、循環器疾患、神経筋疾患など多岐にわたります。中でも重篤な病態として、ALI(Acute Lung Injury;急性肺損傷)/ARDS(Acute Respiratory Distress Syndrome;急性呼吸促迫症候群)があります。このALI/ARDSは、おもに肺胞のガス交換が障害され、48時間以内に呼吸不全をきたす病態で、「先行する基礎疾患を持ち、急性に発症した低酸素血症で、胸部X線画像上では両側性の肺浸潤影を認め、かつ心原性の肺水腫が否定できるもの」と定義されています。

“先行する基礎疾患”には、直接的な肺障害によるものと間接的な肺障害によるものがあります。直接的な肺障害では、重症肺炎や誤嚥性肺炎が多く、間接的な肺障害では敗血症が最も重要な病態です。

●慢性呼吸不全

慢性呼吸不全は呼吸不全が1カ月以上続いた状態をいいます。原因となる代表的な疾患は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)やびまん性汎細気管支炎などの閉塞性肺疾患、気管支喘息、間質性肺炎・肺線維症、肺結核後遺症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経・筋疾患、肺がんなどがあります。

特に最近では、COPDが慢性呼吸不全の多くを占めています。また、高齢者では肺結核後遺症も多くみられます。肺結核後遺症は、若いころに結核に罹患し現在は治癒していても、外科的治療の影響が残り、加齢に伴い呼吸機能が低下してしまうという疾患です。慢性呼吸不全では、感染症の発症や基礎疾患の悪化などによって急激に増悪するため、注意が必要です。

【関連記事】
* 低酸素血症の4つの原因と症状

(『ナース専科マガジン』2014年11月号から改変利用)