お気に入りに登録

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

呼吸不全とは? 定義と2つの分類

解説 松本 幸枝

榊原記念病院 急性・重症患者看護専門看護師 救急看護認定看護師

A98b1120712ae2558c294773114e59b352

呼吸不全についてカンタンに解説します。


【目次】

※「Ⅰ型呼吸不全とⅡ型呼吸不全」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


呼吸不全とは

外呼吸の主要器官である肺や呼吸中枢など、呼吸に影響を与える器官に何らかの障害が生じると、血液中の酸素が不足して、機能不全を呈します。その状態が呼吸不全です。厚生省(現・厚生労働省)特定疾患「呼吸不全」調査研究班では、「呼吸機能障害のため動脈血ガスが異常値を示し、そのために正常な機能を営みえない状態」と定義され、室内空気呼吸時(安静・覚醒時)の動脈血酸素分圧(PaO2)が60Torr以下で呼吸不全と診断されます。

呼吸不全の分類

呼吸不全の分類では、動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)の数値による分け方と、発症経過による分け方について確認しておきます。

>> 続きを読む