お気に入りに登録

【連載】Newsのツボ

就労中のがん患者のさまざな問題

解説 桜井なおみ

キャンサー・ソリューションズ株式会社 代表取締役社長 CSRプロジェクト代表 NPO法人HOPEプロジェクト理事長

働きながらがんの治療を継続する人もいます。そういった人はどんな問題を抱えているのでしょうか。今回は、がん患者さんの就労について解説します。


がん患者を取り巻く就労環境の厳しさ

2010年にCSRプロジェクト(Cancer Survivors Recruiting Project)が実施した「がん患者の就労と家計に関する実態調査」によると、依願退職、解雇、廃業、休職・休暇中など、仕事の継続に何らかの影響を受けた人が、全体の30%に上りました。

また、雇用が継続している場合でも、67%の人は収入が減少。

平均年収減少率は36%となっています。

このように、がん患者を取り巻く就労環境は厳しいといわざるを得ません。

特に、家族のため、あるいは独身で、家計を支える必要がある人にとっては重大な問題です。

>> 続きを読む
ページトップへ