お気に入りに登録

【連載】ケースで考えよう!看護倫理レッスン

【看護倫理・事例】第14回<解決編>抑制をすべきか悩んだケース

解説 青柳明子

北里大学病院 科長

解説 児玉美由紀

北里大学病院 がん看護専門看護師

解説 高野春美

北里大学病院 8B病棟 係長

日々の看護のなかに意外に多く潜んでいる倫理的問題。それらの解決のためには、倫理的問題に気づくセンスが欠かせません。

前回紹介したケース【抑制をすべきか悩んだケース】について、5つのポイントを確認しながら、解決策を考えてみましょう。

5つのポイント「フライの倫理原則」とは


5つのポイントでチェック

ポイント1 あなたの看護行為は、患者さんの害になっていませんか?

古川さんは、長時間の座位や長距離の歩行が困難であり、疼痛部位の浮腫が顕著で、自力では足を動かしにくい状態にあります。
こうした状況での一人歩行は大変リスクが高く、転倒やベッドからの転落が予測されます。

実際に古川さんは、すでに一度、夜間に転倒を起こしています。
そこで二度目の転倒を起こさないように、ナースコールオリエンテーションを繰り返し実施したり、センサーマットを敷いたことは、患者さんへの害を防ぐために正しい看護行為といえます。

>> 続きを読む
ページトップへ