お気に入りに登録

【連載】輸液ケアを極める!

【肝硬変】症状と4つの観察ポイント、輸液ケアの見極めポイント

解説 岡元 和文

信州大学医学部救急集中治療医学講座 教授 信州大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長

B20f8dc01d7af9a1785492844f3f01871111111

肝硬変の症状と4つの観察ポイントについて解説します。


【目次】

※「輸液ケアの4つの見極めポイント」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


知っておきたい!肝硬変の主な症状

  1. 全身の浮腫
  2. 腹水
  3. 低ナトリウム血症
  4. ビリルビンの血中増加による黄疸
  5. 血中のアンモニア貯留

【関連記事】
* 第4回 メカニズムと検査値編【肝硬変】
* 肝機能をみるために必要な検査データって?
* 肝硬変の進行度はどの数値でわかる?

肝硬変患者さんの4つの観察ポイント

ポイント1 肝機能を評価する

病状把握のための肝機能検査(AST、ALTなど)、血中のビリルビン、アルブミン、アンモニアを確認します。

ポイント2 全身状態を観察する

浮腫や腹水の状態、体重や尿量の変化、肝性昏睡の疑いがあれば意識障害や神経症状の有無と程度、その他前進症状を観察します。

ポイント3 電解質バランスをみる

浮腫や腹水により水分が血管外に漏出しているため、血中の電解質バランスが崩れていないかをみます。なかでもカリウムとナトリウムは、利尿剤使用後にもチェックが必要です。

ポイント4 血糖値と腎機能をみる

肝硬変では低血糖になる危険性があるので、血糖値をチェックします。また腎不全の危険性を考慮して、腎機能についても十分な注意が必要です。

輸液ケアの4つの見極めポイント

ポイント1 余分な水分を排泄

浮腫の改善に利尿薬を使用しますが、肝硬変の場合は抗アルドステロン薬を使うのが一般的です。

>> 続きを読む