お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【必修】抗血小板作用と抗炎症作用があるのはどれか。

Kango

【必修】抗血小板作用と抗炎症作用があるのはどれか。

1.ヘパリン

2.アルブミン

3.アスピリン

4.ワルファリン















―――以下解答―――

(解答)3

<解説>

1.(×)ヘパリンは凝固因子を拮抗する抗凝固薬である。

2.(×)アルブミンは血漿タンパクである。

3.(○)アスピリンは血小板の凝集を阻害する抗血小板薬である。

4.(×)ワルファリンは凝固因子のひとつであるビタミンKを拮抗する抗凝固薬である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ