お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【必修】呼吸困難がある患者の安楽な体位はどれか。

Kango

合わせて学ぼう
【心不全の症状】労作性呼吸困難、発作性夜間呼吸困難、安静時呼吸困難
【呼吸困難の看護】心不全か呼吸不全なのか見極めるための6ステップ!

【入職後がイメージできる!】国試後~入職までに読みたい連載
スーパープリセプターSAKURA

【必修】呼吸困難がある患者の安楽な体位はどれか。

1.起座位

2.仰臥位

3.砕石位

4.骨盤高位















―――以下解答―――

(解答)1

<解説>

1.(○)起座位になると、横隔膜が下がって呼吸面積が増加するので呼吸しやすくなる。

2.(×)仰臥位では横隔膜が挙上し、呼吸面積が少なくなるため呼吸困難が改善されない。

3.(×)砕石位では横隔膜が下がって呼吸面積が増加するので呼吸しやすくなる。

4.(×)骨盤高位では横隔膜が下がって呼吸面積が増加するので呼吸しやすくなる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ