お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【必修】冬期の入浴の援助で適切なのはどれか。

Kango

【必修】冬期の入浴の援助で適切なのはどれか。

1.食後30分以内の入浴を促す。

2.脱衣室の室温は22~26℃に調節する。

3.浴槽の湯を43~44℃に調節する。

4.浴槽の湯に30分以上入る。















―――以下解答―――

(解答)2

<解説>

1.(×)食後30分後の入浴を促す。

2.(○)居室と脱衣所の寒暖差が大きいと、血圧が上昇し、心臓への負担が大きくなる。

3.(×)浴槽の湯の温度は40℃程度とする。

4.(×)入浴全体を30分以内で済ませる。30分以上湯船に入ると、静水圧の影響で心臓に負担がかかる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ