【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【人体】活動電位について正しいのはどれか。

【人体】活動電位について正しいのはどれか。

1.脱分極が閾値以上に達すると発生する

2.細胞内が一過性にマイナスの逆転電位となる

3.脱分極期には細胞膜のカリウム透過性が高くなる

4.有髄神経ではプルキンエ細胞間隙を跳躍伝導する















―――以下解答―――

(解答)1

<解説>

1.(○)膜の脱分極がある一定のレベル(閾値)を超えると発生する。

2.(×)脱分極時には一過性に細胞内にナトリウムイオンが流入し、細胞内がプラスの逆転電位となる。

3.(×)脱分極時は細胞膜のナトリウムチャンネルが開き、ナトリウム透過性が高くなる。

4.(×)有髄神経ではランヴィエ絞輪を跳躍伝道する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ