お気に入りに登録

【連載】看護に役立つ生理学

第9回 カリウム異常はなぜ起こる?

執筆 梵天ゆとり(ぼんてん・ゆとり)

医師、日本医学放射線学会会員

34a04225d91f38626c35c8f914746244

今回のテーマは「カリウム」です。電解質検査においてはナトリウムに次いでおなじみの項目であり、臨床で高/低カリウム血症という病態に遭遇することも珍しくありません。

多くの場合は狂ってしまったカリウム値を是正する方向で治療がなされますが、まずは「どのような原因で起こるのか」を整理し、さらに「なぜカリウム異常が問題となるのか」についても考えていきましょう。

カリウムは摂取量や排泄量の変化に左右される

基本的には、カリウムが蓄積する病態では高カリウムに、喪失する病態では低カリウムになると考えて構いません。
したがって、摂取量や排泄量が変化すれば、それに応じて血清カリウム値も上下することになります。

ところが、ことカリウムに関してはもう一つ、忘れてはならない要素があります。
それは「細胞内のカリウムの存在」です。これが何らかの理由で細胞外に漏れてくれば、外界とのやりとりがなくとも血清カリウム値は上昇します。
一例を挙げれば、悪性腫瘍の化学療法後に、「腫瘍融解症候群」と呼ばれる現象が起こることがあります。
これは腫瘍細胞が急激に破壊されることによって種々の病変が起きるものですが、その所見の一つとして、カリウムが腫瘍からこぼれ出ることによって生じる高カリウム血症があります。

一方、細胞外液のカリウムが細胞内に移行すれば、値は低下します。このような観点に注意しながら、カリウム異常の原因を整理してみることが大切です。

リウム異常の原因を整理、説明イラスト

>> 続きを読む