【連載】ケースで考えよう!看護倫理レッスン

【看護倫理・事例】第15回<問題編>恐怖心で役割を果たせなくなったケース

解説 高野春美

北里大学病院 8B病棟 係長

解説 青柳明子

北里大学病院 科長

解説 児玉美由紀

北里大学病院 がん看護専門看護師

日々の看護のなかに意外に多く潜んでいる倫理的問題。それらの解決のためには、まず、倫理的な違和感に気づくセンスが大切です。
今回は、患者さんの個人情報の保護と共有に関するケースをもとに、センスを磨く練習をしてみましょう。


今回の患者さん

  1. 太田和夫さん(仮名)
  2. 50歳代
  3. 男性
  4. 下腿開放骨折

怒鳴ることがあり、恐怖感をもつ者も・・・

太田さんは自宅で転落して骨折し、骨接合術と同種骨移植術を受けました。
しかし術後感染を起こしてデブリードマンが行われ、下腿外側が開放創になりました。
その後、一時的に炎症は改善しましたが、再度悪化したため、下腿内側も開放創となりました。
入院中の太田さんは、強い痛みや熱による疲労、長期の入院によるストレスがたまっています。

そこで看護師たちは、太田さんからケアに要望があった際には情報を共有し、統一したケアを心がけていました。
また痛みに対しては、症状と薬効を確認し、効果的な痛みのコントロールに努めていました。

一方、太田さんは普段は穏やかですが、輸液の針が上手く刺入できないとき、「もうあんな医者よこすな!」と怒鳴ったり、新人看護師がテープを貼り替えようとしたとき、「お前一人で大丈夫か?やるなよ!」と急に怒鳴り出すこともあり、看護師の中には恐怖感をもつ者もいました。

言いなりになってしまう・・・

入院2カ月後のある日、準夜勤の看護師が、「太田さんが頓用の痛み止めを希望している」と申し送りを受け、症状の確認に行きました。
すると太田さんから、「さっきから痛いって言っているのに、何で早く痛み止めを持ってきてくれないんだ!いつもそうだよ、お前じゃ話にならない、主任を連れて来い!」と怒鳴られました。
この看護師は恐怖心や恥ずかしさなどから泣いてしまい、結局、他の看護師が間に入ってその場を収めました。

怒鳴られた看護師は、このままでは関係が悪くなると考え、あらためて太田さんのベッドサイドに行きました。

すると太田さんは、「人によって痛み止めの使い方が違うんだよね。いつもギリギリまで我慢しているのに、まるで人が痛くないのに使っているみたいだった」と穏やかに話してくれ、看護師も症状を確認したかった理由を説明して謝りました。

しかしその後、この看護師は、再び太田さんを怒らせないように、様子を伺いながら会話したり、言われるままに対応するようになってしまいました。
そこでこれでよいのかと悩んでいます。

看護師のジレンマ

この看護師はこれまで、痛み止めの使用に関しては、その都度、痛みの程度や薬効を確認するなど、しっかりアセスメントをしてから薬を渡していました。

しかし、太田さんに怒鳴られてからは、また怒られるのではないかという不安と恐怖心があり、「とても痛そうだから、一刻も早く薬を準備して渡さなければ」と、症状の確認を怠りがちになってしまい、看護師として、必要なアセスメントをしないまま薬を渡してしまっていることについて、悩んでいます。

また、症状の確認は、痛み止めを使用する上で大切なアセスメントですが、太田さんから「まるで人が痛くないのに使っているみたいだった」と言われたことで、何度も症状を確認すると、看護師が太田さんを疑っていると誤解されてしまうのではないかと感じ、どのように痛みの確認を行えばよいのか、わからなくなってしまいました。

さらに、それまで太田さんとは普通にコミュニケーションをとっていたのに、怒鳴られて以来、様子を伺いながら会話するようになり、自然なコミュニケーションができなくなってしまったことも悩んでいます。

患者さんのジレンマ

一方、太田さんは、創の状態から推し量ると、かなり強い痛みが続いていることがわかります。
その痛みをギリギリまで我慢した後で、我慢できなくなって痛み止めを希望しているのに、看護師たちからは何度も痛みの程度を確認され、「まるで痛くないのに使っている」と思われているようで、「どうしたらこの痛みをわかってもらえるのか」といった思いを募らせています。

(『ナース専科マガジン』2009年6月号より転載)

【解決編】
* <解決編>恐怖心で役割を果たせなくなったケース

ページトップへ