お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】間欠性跛行が出現するのはどれか。

Kango

【疾病】間欠性跛行が出現するのはどれか。

  1. 動脈塞栓症

  2. 血栓性静脈炎

  3. 深部静脈血栓症

  4. 閉塞性動脈硬化症

―――以下解答―――









(解答)4

<解説>

1.(×)塞栓が動脈を詰まらせてしまう疾患であり、手足の動脈に生じると、突然の疼痛と血行障害(冷感、蒼白)がみられる。

2.(×)静脈が血栓によって閉塞してしまう疾患で、疼痛と腫脹がみられる。

3.(×)深部静脈が血栓により閉塞してしまう疾患で、症状はほとんどない。

4.(○)動脈硬化が進行して、特に下肢の動脈を閉塞してしまう疾患で、痛みのために休み休みでしか歩けなくなる(間欠的跛行)。進行すると下肢が潰瘍や壊死を起こす。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ