【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】慢性腎臓病の説明で正しいのはどれか。

【疾病】慢性腎臓病の説明で正しいのはどれか。

  1. 糖尿病腎症は含まれない

  2. 病気分類の5期から蛋白制限が必要である

  3. 腎障害を示す所見が1週間持続すれば診断できる

  4. 糸球体濾過量(GFR)の低下は診断の必要条件である

  5. 病期の進行とともに心血管疾患のリスクも高くなる

―――以下解答―――









(解答)5

<解説>

1.(×)糖尿病性腎症が慢性腎臓病に占める割合は年々増加している。

2.(×)3期から蛋白制限を行う。

3.(×)腎障害を示す所見が3カ月以上持続するのが診断の基準となる。

4.(×)糸球体濾過値は慢性腎臓病の診断における十分条件である。

5.(○)病期の進行とともに高血圧、心不全、脳血管障害のリスクが高くなる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ