お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】慢性閉塞性肺疾患で正しいのはどれか。

【疾病】慢性閉塞性肺疾患で正しいのはどれか。

  1. 1秒率の低下が特徴的である。

  2. 肺活量の低下が特徴的である。

  3. 在宅酸素療法の適応にならない。

  4. CO2ナルコーシスの場合は高濃度の酸素吸入を行う。

―――以下解答―――









(解答)1

<解説>

1.(○)息を吐き出しにくくなり、1秒率が低下する。

2.(×)肺活量が低下するのは拘束性肺疾患の特徴である。

3.(×)在宅酸素療法の原因疾患の多くが慢性閉塞性肺疾患である。

4.(×)CO2ナルコーシスの患者に高濃度酸素を吸入させると呼吸停止にいたる危険性がある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ