お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】虚血性心疾患の危険因子はどれか。2つ選べ。

Kango

【疾病】虚血性心疾患の危険因子はどれか。2つ選べ。

  1. 喫煙

  2. ストレス

  3. 少量の飲酒

  4. 低アルブミン血症

  5. 血中HDLコレステロール高値

―――以下解答―――









(解答)1,2

<解説>

1.(○)喫煙は動脈硬化を促進させ、虚血性心疾患の危険因子となる。

2.(○)慢性的なストレスで交感神経が興奮すると、血液凝固が亢進し、動脈硬化が促進されて虚血性心疾患の危険因子となる。

3.(×)少量のアルコールはHDLを増加させ動脈硬化の予防となる。

4.(×)低アルブミン血症は動脈硬化の危険因子ではない。

5.(×)HDLコレステロールは、血管に付着するコレステロールをはがし、肝臓に戻す働きをする。HDLコレステロールが高値の場合、動脈硬化のリスクが低下する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ