お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】うつ病に最も関連が強い神経伝達物質はどれか。

【疾病】うつ病に最も関連が強い神経伝達物質はどれか。

  1. ドパミン

  2. セロトニン

  3. グルタミン酸

  4. アセチルコリン

  5. γ-アミノ酪酸

―――以下解答―――









(解答)2

<解説>

2.(○)うつ病は気分や身体活動を活性化させるセロトニンやノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質の減少によって引き起こされると考えられている。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ