お気に入りに登録

【連載】急変対応マニュアル

急変対応の基本! 心肺蘇生ガイドライン(BLS)のポイント (ABCからCABに)

解説 浅香 えみ子

獨協医科大学越谷病院 救命救急センター 看護副部長 救急看護認定看護師

執筆 石井 恵利佳

獨協医科大学越谷病院 救命救急センター 看護主任 救急看護認定看護師

Ppetqt59fqsiscs51377645035kyuhentaio manualicon11

「AHA心肺蘇生ガイドライン2010市民救助者用、ヘルスケアプロバイダー用」をベースにして、 急変対応の基本ともいうべき、2010年に改訂された心肺蘇生ガイドラインのポイントを解説します。


BLSのA-B-CはC-A-Bに

従来の2005年までのガイドライン(AHA心肺蘇生ガイドライン2005市民救助者用、ヘルスケアプロバイダー用)との最も大きな変更点は、蘇生の開始を「A(Airway、気道)→B(Breathing、呼吸)→C(Circulation、循環)→D(Defibrillation、除細動)」の順だったのを、「C→A→B」にしたことです。つまり、旧ガイドラインでは、気道の確保から始まり呼吸を確認し、2回の人工呼吸を行ったあと、胸骨圧迫となっていましたが、新ガイドライン(AHA心肺蘇生ガイドライン2010市民救助者用、ヘルスケアプロバイダー用)では換気の前に、すぐに胸骨圧迫を始めるというものです。

その理由は、「蘇生は1秒を争う時間との闘いである」こと。心臓や呼吸が止まった場合、体の重要な臓器に酸素が供給されない状態が続くと、特に脳はわずか3~4分で脳死あるいは意識の戻らない状態に陥り、救命できたとしても、社会復帰の可能性は非常に低くなります。

従来のABCの順で行う蘇生では、気道確保と人工呼吸に時間がかっていました。そこで新ガイドラインは、社会復帰を目指した救命には何よりも心臓の評価と胸骨圧迫の実践を優先し、気道確保と人工呼吸は胸骨圧迫(30回)の後に行うよう示しています。

続いては、「「見て、聞いて、感じる」が削除された」です。

>> 続きを読む