お気に入りに登録

【連載】急変対応マニュアル

急変対応の基本! 心肺蘇生ガイドライン(BLS)のポイント (ABCからCABに)

解説 浅香 えみ子

獨協医科大学越谷病院 救命救急センター 看護副部長 救急看護認定看護師

執筆 石井 恵利佳

獨協医科大学越谷病院 救命救急センター 看護主任 救急看護認定看護師

「AHA心肺蘇生ガイドライン2010市民救助者用、ヘルスケアプロバイダー用」をベースにして、 急変対応の基本ともいうべき、2010年に改訂された心肺蘇生ガイドラインのポイントを解説します。


BLSのA-B-CはC-A-Bに

従来の2005年までのガイドライン(AHA心肺蘇生ガイドライン2005市民救助者用、ヘルスケアプロバイダー用)との最も大きな変更点は、蘇生の開始を「A(Airway、気道)→B(Breathing、呼吸)→C(Circulation、循環)→D(Defibrillation、除細動)」の順だったのを、「C→A→B」にしたことです。つまり、旧ガイドラインでは、気道の確保から始まり呼吸を確認し、2回の人工呼吸を行ったあと、胸骨圧迫となっていましたが、新ガイドライン(AHA心肺蘇生ガイドライン2010市民救助者用、ヘルスケアプロバイダー用)では換気の前に、すぐに胸骨圧迫を始めるというものです。

その理由は、「蘇生は1秒を争う時間との闘いである」こと。心臓や呼吸が止まった場合、体の重要な臓器に酸素が供給されない状態が続くと、特に脳はわずか3~4分で脳死あるいは意識の戻らない状態に陥り、救命できたとしても、社会復帰の可能性は非常に低くなります。

従来のABCの順で行う蘇生では、気道確保と人工呼吸に時間がかっていました。そこで新ガイドラインは、社会復帰を目指した救命には何よりも心臓の評価と胸骨圧迫の実践を優先し、気道確保と人工呼吸は胸骨圧迫(30回)の後に行うよう示しています。

続いては、「「見て、聞いて、感じる」が削除された」です。

「見て、聞いて、感じる」が削除された

心肺蘇生の実施前には、まずは周囲の安全を確認し、患者さんに「大丈夫ですか?」と呼びかけ、同時に呼吸の確認をします。旧ガイドラインの呼吸確認は、「見て、聞いて、感じる」でしたが、新ガイドラインのアルゴリズムではこの記述が削除されました。呼吸確認は、胸や腹部を全体的に見て、「呼吸なし」、あるいは「死戦期呼吸」であれば、まずは大声で応援を呼び、緊急コールとAED/除細動器を依頼します。つまり、呼吸の確認は心停止の確認の一部として手短に行われるようになったのです。
緊急コール後、医療従事者は頸動脈の拍動を指2本以上を使って、しっかりと確認します。この確認は、5秒以上10秒以内とし、10秒以上かけてはいけません。「脈が触れない」もしくは「わからない」ときは、「脈なし」=「心停止」と考え、ただちに胸骨圧迫を開始します。ここで注意したいのは、ないはずの脈を「触れる」=「心臓は動いている」と思ってしまうこと。 慣れないと自分の脈を感じ取ってしまうことがあるからです。「よくわからなかった」のであれば、「脈なし」として、胸骨圧迫につなげなければなりません。
なお、「JRC蘇生ガイドライン2010」の医療従事者用では、呼吸の確認の際に気道確保を行うとしています。ここがAHAのガイドラインと異なる点です。しかし、こうした相違点を論じるのはあまり意味がありません。大切なのは、施設内で同じ手順やスキルを医療者が共有するということです。勤務している施設で、どういった手順やスキルが適用されているのか、よく知っていくことが大切です。

※注 死戦期呼吸…あえぎ呼吸ともいう。心停止直後の数分間にみられる。いびき様の音、うめき声に似た音などが聴こえる。

胸骨圧迫の重要性がクローズアップ

旧ガイドラインでは、胸骨圧迫の手技について「約4~5cmの深さで」「約100回/分」としていたのを、目安となる回数や深さについて「少なくとも5cmの深さで」「少なくとも100回/分」と、「少なくとも」という「質」を重視する表現が追加されました。
胸骨圧迫で得られる血流は、正常な心臓が拍出する血流の3分の1程度にしかならず、胸郭が十分に沈み込むようにして圧迫しないと脳への血流が見込めないためです。強く速い胸骨圧迫ができれば、心臓の機能が戻る可能性が高いことを示しています。
胸骨圧迫を行う位置の目安は、これまで「乳頭と乳頭を結ぶ線の真ん中(乳頭間線)」としていましたが、正確性に欠けるために「胸の真ん中」との表現に変更されました。
また、「胸を押すごとに胸郭を元に戻す」「胸骨圧迫の中断は最小限にする(10秒以内)」「過換気を避ける」などの質の高い胸部圧迫を行うために必要なポイントもさらに強調しています。特に、「胸郭を元に戻す」については、力を緩めるときは力を完全に抜くことを意識します。手の力を抜かずに胸を押し続けると、胸腔の内圧がゼロに戻らず、頭側と足側から胸腔内に流れようとする血液が十分に戻ることができなくなるからです。
中断時間を最小限に留め、質の高い胸部圧迫を継続するためには、多くの人員で2分ごとに交代しながら行うようにします。

AHAのガイドラインにおける簡略化された成人のBLSアルゴリズム説明図

AHAのガイドラインにおける簡略化された成人のBLSアルゴリズム
AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010(2010AHA Guideline for CPR And ECC)ハイライトより転載
※吹き出し(主な注意点)は編集部によって追加

(『ナース専科マガジン』2012年6月号より転載)

*次回は「心肺蘇生ガイドライン(ACLS)のポイント」について解説します。

ページトップへ