お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】聴覚障害のある患者とのコミュニケーションで正しいのはどれか。

Kango

【基礎】聴覚障害のある患者とのコミュニケーションで正しいのはどれか。

  1. 補聴器の使用中は低音で話す

  2. 手話のときは口元を動かさない

  3. 音の反響が強い場所を選択する

  4. 感音性難聴の場合は大きな声で話す

―――以下解答―――









(解答)1

<解説>

1.(○)補聴器の使用中は低音で話す。

2.(×)手話のときに口元を動かすと伝わりやすい。

3.(×)音の反響が大きいと聞き取りずらい。

4.(×)感音性難聴は高音域の音が聞こえにくい。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ