お気に入りに登録

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第77回 介護と密な連携を!

執筆 川添高志

ケアプロ株式会社・代表取締役社長

212a665a2d938cff7d24d47c261f6efa1

今回は、利用者さんの暮らしをサポートするために、ケアプロが取り組んでいる連携体制についてご紹介します。


住むなら「サ高住」!?

「サ高住」の通称で知られる「サービス付き高齢者向け住宅」。東京の東部地域、足立区のケアプロ島根事業所は、「サ高住」であるマンションの1階に開設し、周辺地域での訪問看護サービスを行っている。

マンション入口を挟んで日本介護センター島根支店も開設され、2階フロアではデイサービスも実施されている。看護や介護が必要な人にとって、このマンションは非常に便利な住まいである。

自宅のように過ごせる住まい

ケアプロでは、この「サ高住」マンションに賃貸契約で入居される人のうち、看護を必要とする人と個別契約し、サービスの提供を行っている。病気や障害のために入院したものの、退院後の生活を考えた時に独居のために住み慣れた我が家へ戻るのは難しいケースや、子世帯との同居が難しいケースは少なくない。

病院ではない場所で自宅のように過ごせる住まいとして、「サ高住」への注目度は年々高まっているのだ。