お気に入りに登録

【連載】高齢者とくすり

高齢者の薬物動態|薬に影響する加齢の3つの変化

解説 秋下 雅弘

東京大学医学部附属病院 老年病科 教授

0e5d3e65bd6efe63d378a993814939bc

加齢によって変化する薬に関わる3つの機能について解説します。


1 薬物動態の変化

薬物動態とは、吸収された薬物が血液循環にのって、目的の臓器や部位に分布され、一定期間作用して肝臓で代謝され、尿中に排泄されることをいいます。

薬物動態の各プロセス(吸収・分布・代謝・排泄)は、加齢によって以下のように変化します。

吸収

多くの薬物は受動拡散によって吸収されるため、能動輸送される(ビタミンや鉄)以外は加齢による薬物吸収への影響は少ないと考えられています。

分布

  1. 水溶性薬物・・・高齢者は細胞内の水分量が減少するため、血中濃度が上昇しやすくなります
  2. 脂溶性薬物・・・高齢者は体脂肪量が増加するため、蓄積しやすくなります
>> 続きを読む