お気に入りに登録

【連載】高齢者とくすり

高齢者が服用する場合は要注意!3つの降圧薬

解説 大野能之

東京大学医学部附属病院 薬剤部 助教

解説 樋坂章博

千葉大学大学院薬学研究院

0e5d3e65bd6efe63d378a993814939bc1

高齢者が服用する場合に注意を要する降圧薬について解説します。


高齢者が服用する場合は注意が必要な3つの降圧薬

  1. 中枢性交感神経抑制薬:メチルドバ(アルドメット®)、クロニジン(カタプレス®)
  2. 末梢性交感神経抑制薬:レセルピン(アポプロン®)
  3. 短時間作用型カルシウム拮抗薬:ニフェジピン(アダラート®、セパミット®)

作用機序と副作用

中枢性交感神経抑制薬

中枢性交感神経抑制薬のメチルドバとクロニジンは、脳のα2受容体に作用して、交感神経の働きを抑制し、その結果、末梢血管を拡張させて血圧を降下させます。

>> 続きを読む
ページトップへ