お気に入りに登録

【連載】ケアを阻む高齢者の「困った」

第3回 帰宅欲求のある患者さんへの対応

解説 佐藤 典子

順天堂大学医学部附属 順天堂東京江東高齢者医療センター 老人看護専門看護師 認知症看護認定看護師

帰宅欲求のある患者さんへの対応を事例を用いて解説します。


事例

  1. Cさん 女性 60歳代後半
  2. アルツハイマー病
  3. Cさんは独身の長男と同居していました。物忘れがひどくなり、妄想が出現してきたことから、介護が困難になったため受診。眠れていないようなので、治療のため入院となりました

初診時には、普通に対応ができていたので、認知機能はある程度保たれているように思われました。

しかし、夕方になると一変、「家に帰る」と言い出しました。

看護師が「悪いところがあって入院しなければいけない」と説明しても、「私は、どこも悪くないので、入院しない」と納得しません。

イメージイラスト

次は、対応方法について解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ