お気に入りに登録

【連載】ケアを阻む高齢者の「困った」

第4回 易怒的な様子を見せる理由とは?

解説 佐藤 典子

順天堂大学医学部附属 順天堂東京江東高齢者医療センター 老人看護専門看護師 認知症看護認定看護師

事例を用いて、易怒的な様子を見せる患者さんへの対応方法を解説します。


事例

  1. Dさん 男性 70歳代
  2. 脳血管性認知症
  3. Dさんは、脳梗塞によって脳血管性認知症を発症。家族(妻と子供)と同居していましたが、麻痺のためにあまり自分で身体を動かせない状態になり、認知症の進行に伴い、記憶障害が悪化、発語が少なくなってきたことで入院することになりました。

Dさんはおむつ交換や入浴介助のときに、介助者へ手を上げる行動を見せることから、易怒的な患者さんとの報告がありました。

イメージイラスト

続いては、対応方法について解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ