お気に入りに登録

【連載】急変の判断と対応

心停止(心静止・PEA)への急変対応 6ステップ

執筆 中谷 美紀子

聖マリアンナ医科大学病院 ハートセンター北病棟 主任 急性・重症患者看護専門看護師

急変に遭遇!そんなときに慌てず焦らず処置を行うには、急変対応を繰り返しおさらいしておくことが必要です。

今回は、「心停止(心静止・PEA)」という緊急度の高い事態への対応を解説します。


ステップ1 意識を確認する

心電図モニター上に心静止を発見した、または、心電図の波形が出ているにもかかわらず患者さんが全く動く様子がないなど、様子がおかしい場合は、まず意識レベルを確認します。

患者さんを呼びながら肩をしっかりと叩き刺激を与えます。

それと同時に呼吸が正常か異常かを確認します。

呼吸をしていなかったり、あえぎ呼吸の場合は呼吸が停止していると判断します。

ステップ2 応援とAEDを要請する

患者さんの意識や呼吸がないことを確認したら、ナースコールや大声を出して助けを呼びます。

救急カートとAED、医師への報告を依頼し、スタッフを集めます。

>> 続きを読む
ページトップへ