お気に入りに登録

【連載】急変の判断と対応

重症不整脈(無脈性VTとVf)のアルゴリズムと対応のポイント

執筆 中谷 美紀子

聖マリアンナ医科大学病院 ハートセンター北病棟 主任 急性・重症患者看護専門看護師

A98b1120712ae2558c294773114e59b3

急変に遭遇!そんなときに慌てず焦らず処置を行うには、急変対応を繰り返しおさらいしておくことが必要です。
今回は、無脈性の心室頻拍(VT)と心室細動(Vf)のアルゴリズムを解説します。


絶対に知っておくべき2つの重症不整脈

VT(心室頻拍)とは

VT(心室頻拍)とは、心室期期外収縮(VPC)が連続して発生し、心拍数が100~250回/分になる頻脈のことです。

心室においてリエントリーまたは異所性刺激が連続して発生することにより、VTが出現します。

VTの波形の例

幅広いQRS波が規則正しく連続して出現

持続時間による分類

  1. 非持続性心室頻拍・・・持続時間が30秒以内
  2. 持続性心室頻拍・・・持続時間が30秒以上

VTの症状

血行が安定していれば、意識は清明で、動機や呼吸困難が主症状となります。

血行動態が悪化し心拍出量を保つことができなくなれば、意識消失します。これを「無脈性VT(pulseless VT)」と呼びます。Vf(心室細動)に移行する危険性があるため、救急処置が必要になります。

Vf(心室細動)とは

Vf(心室細動)とは、心室筋細胞がばらばらに興奮している状態で、突然死の原因の多くを占める非常に危険な不整脈です。

>> 続きを読む
ページトップへ