お気に入りに登録

【連載】ケースで考えよう!看護倫理レッスン

【看護倫理・事例】第19回<問題編>「痛くないですか?」と聞かないで!と言われたケース

解説 児玉美由紀

北里大学病院 がん看護専門看護師

解説 青柳明子

北里大学病院 科長

解説 高野春美

北里大学病院 8B病棟 係長

Doctorw think1112111

日々の看護のなかに意外に多く潜んでいる倫理的問題。それらの解決のためには、まず、倫理的な違和感に気づくセンスが大切です。
今回は、「痛くないですか?」と聞かないで!と言われたケースをもとに、センスを磨く練習をしてみましょう。


今回の患者さん

  1. 遠藤三郎さん(仮名)
  2. 80歳代後半
  3. 男性
  4. 白血病

遠藤さんは、糖尿病で当院を受診していましたが、さらに貧血が加わり、精査したところ白血病がわかりました。
キーパーソンは娘さん。
病名は家族の強い希望により本人に告知していません。
しばらく白血病の治療のために入退院を繰り返していましたが、ある年末に、遠藤さんは発熱・嘔吐と肺炎のため入院となりました。

このとき医師から家族には、「化学療法をしても効果の見込みは低く、急変のリスクもあります」と説明があり、これに対して家族は、「自然にみていきたい。苦しまないようにしてほしいです」と答え、化学療法はせずに症状緩和を行っていくことを希望しました。

>> 続きを読む