お気に入りに登録

【連載】達人のコツとワザ

COPDの急性増悪後、リハビリに消極的な患者さんの対応、どうする?

執筆 南雲秀子

湘南厚木病院 看護師長/米国呼吸療法士(RRT) / 保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

COPDの既往があり、風邪やインフルエンザなどで急性増悪を起こし、呼吸困難となった患者さんは、風邪やインフルエンザの症状が治まっても、また呼吸困難になることを恐れて、リハビリに消極的になってしまうことがあります。

今回は、そんな患者さんにどう対応したらよいのかを解説します。

患者さんの気持ちに寄り添い信頼関係を築く

急性増悪の際には、「一生懸命呼吸してもどんどん苦しくなる」という恐怖の体験をしています。

患者さんとの信頼関係を築くためにも、「そうですか、どんなふうに苦しかったのですか」「どんなことをしたら苦しくなったのですか」と声をかけ、患者さんの気持ちを聞き出します。

そして、「苦しくない運動から始めますね」「退院するまでにだいぶ楽になりますよ」と言ってあげましょう。

まずは呼吸苦を感じさせないものから始める

実際のリハビリでは、患者さんが自分で呼吸をコントロールして息切れから回復できる自信を取り戻すことが大切です。

そのためには、まず患者さんが安心できる体位で、呼吸苦を感じさせずに行える呼吸法の練習から始めましょう。

>> 続きを読む
ページトップへ