お気に入りに登録

【連載】冬の多発疾患を極める!

甘く見てはダメ!冬の肺炎

解説 平井美里

東邦大学医療センター大森病院 救急看護認定看護師

Body hai bad

肺炎はこんな疾患

●微生物が気道を通って肺胞へと入り、増殖することで肺に炎症が起こる疾患。
●急性の細菌性感染症で、おもな原因菌に肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、レジオネラ菌などがある。
●感染環境によって市中肺炎(生活圏で感染・発症。おもな原因菌は肺炎球菌)と院内肺炎(入院後48時間以降に新たに発症。おもな原因菌は黄色ブドウ球菌、緑膿菌)に分類される。
●院内肺炎には、人工呼吸器関連肺炎(VAP)、誤嚥性肺炎、MRSAなど耐性菌感染肺炎などがある。
●咳嗽、喀痰、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状、発熱、頭痛、全身倦怠感、食欲不振、関節痛など風邪様症状がみられる。
●重症化すると、人工呼吸器管理が必要となり、意識障害を起こすこともある。

入院時の対応とポイント

始めに確認すること

〈市中肺炎の場合〉
 呼吸器疾患や循環器疾患などの基礎疾患があると、その疾患の症状が悪化することもあるので、患者さんもしくは家族に既往歴について聴取します。同時に、呼吸器症状や風邪様症状なども確認します。
 チアノーゼ、意識レベルの低下などがある重症の肺炎では、人工呼吸器管理が必要となることがあるので、通常検査施行とともに、医師の指示を確認します。

>> 続きを読む
ページトップへ