お気に入りに登録

【連載】月刊 小林光恵新聞

月刊 小林光恵新聞【第6号】生花持ち込み全面禁止、をさけるために

執筆 小林光恵

エンゼルメイク研究会 代表

Mitue

A2 150x150

今月は、「生花持ち込み全面禁止、をさけるために」と、「突撃! ナースの里帰り⑥」をお送りします。

第5回 差額ベッドの説明と同意について はコチラ


小林光恵の視点

日本感染症学会では、CDCが2003年に公開した「医療施設における環境感染制御のためのガイドライン」から次の文を抜粋して紹介しています。

「免疫不全がなければ花瓶の水や鉢植え植物は感染源とはなりません。移植患者や重症エイズ患者の病棟以外であれば制限は不要です」

しかし―――。

日本花き卸売市場協会の調査結果を報じた記事を読むと、生花持ち込みを禁止している病院では、一部の病棟にかぎっているのではなく、全面的に禁じているところが多い印象を受け、その点が気になります。

日本感染症学会が「免疫不全がなければ花瓶の水や鉢植え植物は感染源とはならない」とした上で「下記のような予防策を実行することは慎重な対応といえる。」と前置きして紹介している次の内容が、全面禁止のきっかけの一つになっているのではないかと思います。

  1. 花や植物は患者に直接接しないスタッフが取り扱う。
  2. このような対応が困難ならば花を取り扱うスタッフは手袋を装着する。
  3. 植物を扱った後は手を洗う。
  4. 花瓶の水は隔日に交換して、水は患者身辺の環境から離れた流し台に捨てる。
  5. 使用後の花瓶は洗浄する。

これを受けて、たとえば次のような意見が皆から出たのではないでしょうか。

>> 続きを読む